お久しぶりです。タイトルの通り、1年経ちました。それ以前の二年半ほどの経口薬服用期間と比べて変わったこと。
1.ヒゲが濃くなった。

以上です。
まあ、気のせいかも知れませんけど、顔立ちとか肉付きはなんとなく男性的になったかなという感じですかね。これで筋力トレーニングでもできればまたもうちょっと変わるんでしょうけど。

体調の方は酷いもんです。ME/CFSの方は、昨年はPS値で言えば7~8程度だったんですが、今は9寄りの8ですね。7に近づくことは殆どありません。
毎年そうなんですけど、前年の同時期の体調を思い出しては「去年はここまでじゃなかったのになぁ」と落ち込みますね。軽く。
軽い落ち込みで済んでいるのは、家族と医師・看護師の皆さんが病気に対してとても理解を示してくれて、辛さに共感してくれるからです。あとは、自分が元々バリバリのインドア人間だったからかも。アウトドア好きでハイキングとか山登りとか、旅行とか運動が趣味だったら鬱になってますきっと。文章を書いたり絵を描いたり、本を読んだり、それも長い時間はできませんけど、それでもそれらが自分にとってこの上もない娯楽であってくれるのはありがたいことです。
と言っても、やりたいことの10%くらいしか出来てませんけどね。

ホルモン注射も数値的によく効いていたものですから、一旦3週に1回125mgにしてみたんですけど、ガクンと値が下がってしまったので、二週おきに戻したりとか色々試してました。
メタンジエノンは引き続き1日10mgを継続しています。これは規制でもされない限りは続けようかなと。筋力落としたくないですから。
中枢神経の問題なので、筋肉が無いわけではなくて力が入らないんですよね。でも力が入らないからと寝たきりでいたら本当に筋肉が無くなってエライことになってしまうので。多分本来のこの薬の使い方に近いんじゃないかなと思いますけどね。
10mg/day程度なら特にケアとかしなくても肝臓等は平気です。自分は。


それで、プロフィールの方も更新したんですが、実は潰瘍性大腸炎になってました。今話題の病気ですが。
今年の4月くらいから、どうも下血が止まらなくてですね。元々痔持ちなので、初めは「またか」って感じだったんですが、毎日毎日続くわ続く。うんこは出ないのに血は出る。
ただ、腹痛はなかったので「なんだろうなあ」と思いつつ二ヶ月くらい放置してたんですけど、いや流石に長すぎだろと思って主治医に相談しまして。内視鏡検査をやりましょうということで紹介された消化器内科が、なんと中学生のころお世話になっていた先生が開業されたクリニックでした。
先生僕のこと覚えてくれてました。印象的だったのかも知れませんね。やたら症状は酷いのに相応の所見が無いっていうことで散々悩ませてしまったので。

それで内視鏡検査したんです。事前に腸洗浄するわけですな。一生懸命飲んでは出して繰り返したので、「こりゃあピッカピカになってるだろー!」と意気込んで望んだわけですよ。カメラ入ってすぐ、なんか白いのがベッタリついてる。なんじゃこりゃと思うわけですが、先生は黙々とカメラを進めたり戻したり。
3分後くらいですかね。先生が言うわけですよ。「あの~、結論から言ってしまうと、潰瘍性大腸炎なんですよね」と。
僕は「はぁ……」としか反応できない。「いやいや難病じゃねえか」と思いながら、進んでいくカメラの映像を見ているわけですが、あんなに頑張って洗ったのに黄緑っぽいカスがあっちこっちに。きったねぇなおいと思いつつ、虫垂炎にもなってたし。
後で説明受けましたけど、ベッタリした白いのとか黄緑のカスは膿だそうで。

また改めて記事にしたいと思いますけど、とりあえずは処方された薬で落ち着いてます。血も止まりましたし。
しかし結果を知った主治医の気の毒そうな感じがなんとも。いや我ながら気の毒だなあとは思うんですけどね。こんなに色々患っちゃって。
精神的に元気なのが不思議でしょうがない。逆に病気じゃないかなと思ったりします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM)へ

にほんブログ村 病気ブログ 慢性疲労症候群へ